2014年09月28日

驚愕!たった二カ月でここまで成長!

最近は家事も育児も妻に任せっきりである。
先日、娘が2カ月になった。生まれたときと比べて、かなり成長したと思う。
娘の成長を感じることが最も幸せである。

・賢くなった

今まで娘は、自分の爪で、自分の顔に引っ掻き傷をつけていた。
手をバタバタさせるときに、爪が顔にあたっていたのである。

そのため、爪を頻繁に切っていた。ところが、2か月頃から、
手をバタバタさせるのは相変わらずだったが、顔に傷はつかなくなっていた。

きっと、自分の手が自分のもので、自分の意志で動かせることに気付いたのだろう。
賢くなったなぁとうれしく思ったが、爪を切るのが忘れがちになった。
かなり伸びてからやっと気付く感じだ。

・でかくなった

当然のことだが、娘がでかくなった。体重は2kg以上増えたし、
身長も10cmくらい伸びた。このことを実感したのはベビーバスで沐浴する時だ。
なんと、足を伸ばすと、ギリギリになった。

しかも、面白がって、ベビーバスを蹴るから、頭がベビーバスにあたる。
そして泣きだす。そろそろ、一緒に入る時かなぁと思うが、首が据わってからにしたい。
まだ1人でゆっくり入りたいし、浴槽におもらししたら嫌だ。

・あーうー

なんごが多くなった。あーとかうーとか結構言う。
パパとか言う方が簡単だと思うが、とりあえず、声帯が動かせるようになっただけだろう。
こちらの呼びかけに反応してということではないからだ。

そのうち、こちらの声に反応して、あーとかうーとか言うようになると思う。
また、パパと言う日も近いと思う。今から楽しみである。


・首が寝返りが

首がクルと動くようになった。呼びかけると、首を向けるのでうれしい。
また、肩と背中を60度くらい持ち上げている。寝返りまであとちょっとという感じである。
ただ、お尻から下が持ち上がらない。

寝返りして、うつ伏せになって戻れるのかが心配である。
戻れなくなって窒息という時代にならないだろうか。
どうやら、首が座ればうつ伏せになっても首をあげれるようになるらしい。これで一安心である。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 12:39 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

学資保険を始めるたったひとつのメリット

ひよこクラブとかたまごクラブとかを
読んでいると必ず学資保険の広告がある。

また、子育てブログに貼ってあるグーグルの広告にも
よく表示されている。それだけ、よく売れる商品なのだろう。

しかし、「学資保険 不要」とか「学資保険 デメリット」とかで
検索すると、学資保険が必要ない理由が、これでもかというくらい
でてくる。

確かに、生命保険で代替できるし、ネット銀行の1年定期の方が
有利な感じである。それに、貯金ができない家庭が無理に学資保険に
入っても、解約して大損しそうだ。

学資保険の意義について考えているとき、ふと、中学生の時に
「親が俺の名義で月々5000円貯金してくれて、80万くらいたまってる」
と、友達に自慢されたことを思い出した。

同時に「自分の親はなんて非情なんだ」と感じた記憶がある。
学資保険の最大にして唯一のメリットはこれだと思う。
つまり、「親は自分のことを愛してくれている」と子供が感じることだ。

学資保険は、子供の学費に使う目的であることが明確だ。
しかし、他の形で運用していると、使途が不明瞭だ。

もちろん、お金に色は付いていない。学資保険だって他のことに流用できる。
だが、あまり世の中のことを知らない子供の考えることは単純だ。
学資保険=親の愛と思うこと間違いない。

同時に、学資保険に入りたいという妻に対して、
学資保険のデメリットを説くのはナンセンスだ。
子供への愛を具現化したものが学資保険だからだ。



↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 22:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。