2015年08月04日

娘が歩いた! 〜赤ちゃん卒業〜

最近暑いですね。夏バテで体力が低下するのに、娘には抱っこの要請増、夜泣増で
手がかかり、体力を消耗し、夫婦間もギスギスしている今日この頃である。

さて、11カ月半くらいで、娘が歩き出した。
最初は1、2歩、恐る恐る歩いて、コテンとこける感じであった。
1週間くらいたつと、壁から椅子へ、5,6歩トコトコと歩いた。

その後も日に日に歩けるようになり、もう1週間たつと、
どこまでも歩くぞーという感じで、トコトコトコと歩き出した。
しかし、当然のことながら、すぐこける。

下手をすると、テーブルの足とかで顔を打ったりする。
そのため、ますます目を離せなくなる。
「ちゃんと見ててよー」と妻に怒られることもある。

娘が歩き出してから、1か月が経とうとしている。
今では、ハイハイをすることはなく、歩きだけで移動する。
もちろん、数十歩を歩くことができる。しかし、すぐにこける。

そのため、危なくて外では歩かせられない。
こけないようになるには、もう1か月くらいかかると思う。
そうしたら、外で歩かせられるが、自動車への注意等、ますます手がかかりそうだ。

歩けるようになったことにより、意外な効果があった。
それは、娘が痛みに強くなったことである。
娘は、ちょっとこけたり、打ったりすると、ビャーと泣いていた。

しかし、歩くと、頻繁にぶつかる。しかもけっこう強くぶつかる。
その原因が娘自身にあるということが分かったのか、頻繁だからか、
今では以前より明らかに泣かなくなった。赤ちゃんから幼児へと確実に成長している感じである。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 22:12 | Comment(0) | 成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。