2014年08月25日

え!?指がアメに? 〜おしゃぶりより食い付きがいいパパの指〜

赤ちゃんって中々寝ませんよね?そんなときに役に立つのはおしゃぶりである。強力な安眠グッズとなる。私の娘も、けっこうグズって寝ないので、生後3週間くらいで妻がおしゃぶりを買ってきた。

買ってきた当初は、それなりに効果があった。だが、1ヶ月を過ぎたころから、賢くなったのか、おしゃぶりをペッと吐き出す時がある。そんなときに、試しにと人差し指を入れてみた。

すると、猛烈にしゃぶる。チュウチュウしゃぶる。まるで俺の指がアメになったかのようだ。しかもけっこう、噛んでくるのでちょっと痛い。多分、おしゃぶりよりも指の方が肉なので、本来吸うはずの乳首の感覚に近いのだろう。

普段、ミルクは娘が泣き出す前に作って、泣いたらすぐにやれるようにスタンバイしている。しかし、夜中など、こちらが寝ている時は、娘のミルクを求める泣き声で目が覚めてしまうため、事前に作っておくことは難しい。

しかも、そういうときは夜中なので、大きな泣き声が近所迷惑である。ミルクを作り始めてから、飲める状態になるまで10分かかる。その間は、指をしゃぶらせて時間を稼ぐ。最近、吸う力が強くなったのか、顔を真っ赤にして、全力で吸う。

そのうち、ミルクがでないことに気付いて泣き出す。そのころにはミルクが冷めているので、どうにか隣への迷惑を最小限にできたと安堵する。こんなに、強く吸えるなら、今なら母乳も吸えるのでは?と思うのだが、なぜか乳首はうまく吸えないままである。

こんな感じで、人差し指が、意外と役に立っている。しかし気になるのは衛生状態である。指は色々なものを掴みますから。それに塩素水につけておくわけにもいかないし。まぁ一応、アルコール入りウェットティッシュで拭いてはいるが。。。



↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 19:11 | Comment(0) | 育児休暇な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

イクメン不足!男性は俺一人! 〜1ヶ月健診に行ってきました〜



どこの小児科に行くか決めるまで

私は、結婚と同時に、妻の住んでいる市に引っ越した。そのため、小児科に関する口コミ情報がなかった。そこで妻の職場で口コミ情報を集めてもらった。また、市役所からもらう小冊子を見たりして、家から近い小児科をピックアップした。

妻の職場近くの評判のいい小児科と、家の近くの評判が良くわからない小児科の2つに候補は絞られた。どちらにしようか、何日も迷ったが、結局、家の近くの小児科にした。車で5分もかからない距離であることが決め手となった。

電話をかけて予約して健診に言った

1ヶ月健診に行く小児科が決まったところで、予約の電話を入れた。天気予報を見つつ、曇りの日を選んだのだが、その日がいっぱいということで、詳細な天気が不明な2日後の予約となった。

2日後、灼熱地獄の中、車で行った。事前にクーラーをガンガンに効かせたりして、娘が暑くならないように気を付けた。思ったより、スムーズに着いたため、予約より20分も早くついた。

ブー子先生現る

着いてから、問診票とかを書いて、5分くらい待っていると、呼ばれた。診察室に入ったら、丸々太った女医さんが出てきた。看護師さんは今時珍しく、防止を被っていた。ちなみに美人看護師はいなかった。

娘は裸にされ、体重と身長を量られた。次いで、聴診器を当てられてたり、なんだりされていた。身長を量るとき、足を中々伸ばさなかったので、看護師に引っ張られて泣き出した。体重の増加は、45g/日で順調に育っているということだった。

生まれたときは小さかったため、心配だったが、順調に育ってくれて安心した。妻はミルクの量について相談していたが、先生は「好きなだけ飲ませていいですよ」と回答していた。本当だろうか??

今後の予定

健診は5分くらいで終わったが、今後の予防接種の予定について10分くらい説明があった。まず、任意接種について聞かれたが、子供のことを考えて、結構いいお値段するが、受けることにした。

なんだか、何回も行って、何種類も注射されたりするようで、痛々しい。小児科に行くのも大変そうだが、妻も娘も頑張ってくれ。月齢が上がると、小児科に行くだけで泣き出す赤ちゃんもいるらしい。今から対策を考えねばならないと思った。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 18:46 | Comment(0) | 育児休暇な日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。