2014年09月03日

1ヶ月の娘のおへそに異変が!? 〜赤くてジュクジュクしてる〜

sainikuga.jpg

1ヶ月健診が、無事終わって数日たった頃のことでした。沐浴が終わって、体をふいているときに、娘のおへそに、赤くプクっとしたものがあることに気付いた。私は、そのうち消えるだろーと思ってあまり気にしなかった。

しかし、妻は、看護師であるだけに、ネットで調べ、それが、臍肉芽腫であるのではないかという結論に達した。確かにネットを見る限り、そう思える。そこで、1ヶ月健診を受けた小児科へ行った。

そこで、見てもらった結果、確かに臍肉芽腫という診察であった。糸で縛って、硝酸銀で焼くだけの簡単な治療で済むということであったが、その病院には硝酸銀がなく、大きな病院への紹介状を書いてもらった。

最近は、硝酸銀が手に入りにくいらしく、その個人病院では治療をやってないそうだ。良心的なことに、診察料は取られなかった。まぁ、これから、予防接種とか色々と付き合いがあるし。

それで、日を改めて、市内の総合病院に行った。小児科は夏だからか、込んでなく、すぐ診察して治療してもらった。臍肉芽腫が小さかったため、引っ剥ったら取れた。仕上げに硝酸銀で焼いた。5分もかからなかった。

とりあえず、あと1回、様子を見に来るように言われた。まぁ、見た目には問題なさそうだが。臍肉芽腫とはへその緒の残りかすで、不要なものだから、体が排除しようとジュクジュクになるらしい。まぁ、無事取れてよかった。

今回は、臍肉芽腫について勉強できてためになった。また、いち早く気付いて病院に行けたのは、妻の的確なアドバイスのおかげである。私も、もっと注意して色々と調べようと思った。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 20:40 | Comment(0) | 不安なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

ついに出た!生後27日目に1mlの涙! 〜涙腺機能の順調な発達〜

namida.jpeg


生まれてからしばらく、娘は泣いても涙が出ることはなかった。最初に涙が出たのは生後27日目のことで、右目に1mlほど涙を浮かべていた。1ヶ月を過ぎた今では、両目から1mlずつ涙がでる感じだ。

ちなみに、涙が出るのは、激しく泣いた時で、それはミルクがすごく欲しいときである。おむつを交換してほしいときや、抱っこしてほしいときは、涙が出るほど泣かない。やはり、空腹が一番つらいのだろう。

涙が目から溢れるまで出るくらい涙腺機能が発達するのに、数か月かかるらしい。また、まばたきが、パチパチとできるようになるのは数年がかかるらしい。私の娘も、まばたきについては、目が乾くよと心配になったころにやっとする感じである。

今、育休を1ヶ月ほど、とって毎日、娘と過ごす時間を長くとっている。それで、涙腺機能やまばたきといった些細なことでも、成長を実感できている。もし、娘と接する時間が中々取れなかったら、大きなことでしか、成長を感じられないだろう。

家事育児を分担するという大きな目的が、育休取得にもあったが、娘の成長を見守るという副次的な効果もあった。やはり、男性も育休を普通に取得できる社会になった方が良いと思う。厚労省にはもっとやる気を出してほしい。





↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
タグ:涙腺
posted by 幸司 at 23:34 | Comment(3) | 不安なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。