2015年06月10日

育児サークル 〜成長の良い機会となる〜

先日から、育児サークルというものに、妻が娘を連れて行くようになった。
娘が外に出るのが好きになってきたということと、市からのお知らせが
あったことがきっかけである。

育児サークルは、ほぼ毎日、何らかの形で赤ちゃんを遊ばせるようだ。
土日は休みで平日にある。もちろん、父親はゼロで母親ばかりだ。
日本では父親の育児参加はまだまだ、本のお手伝いレベルなのである。

本を読んだり、お話を聞いたり、マットとかで遊んで体を動かしているようだ。
娘は余程楽しいのか、全力で遊ぶ。そのため、夜は爆睡する。一歩間違えると、
夕方に昼寝爆睡して、夜に中々眠らなくなり、寝付けにひと苦労する。

育児サークルのメリットは娘が遊べて、機嫌がよくなるということもあるが、
多くの人の中で遊ぶことにより、自分以外の人がたくさんいて、協調する
必要があるということを学ぶことだと思う。

現に、こちらの言うことを聞くようになった。例えば、風呂で横抱っこをして
頭を洗うのを嫌がっていたのに、最近では渋々だが、我慢している。
おかげで、頭を洗うのがちょっと楽になった。

やはり、周りの人を見ているようだ。歩ける年頃の幼児が多いため、
それを見て娘は、帰って、まだつかまり歩きしかできないのに、壁から
手を離して立とうとしてこける。

また、最初は、じっと本を読んだり、お話を聞いたりできなかったが、
2週間くらい経った最近ではできるようになった。やはり、
人と接することは大切である。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 22:38 | Comment(0) | 成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

手を動かせるようになった。 〜色々な事件発生〜

娘が10か月になった。ブログを書くのが1か月振りになってしまった。
書こう、書こうと思いつつ、ただでさえ少ない自由時間が、ゲームや運動に
費やされたため、時間が取れなかった。

この1か月で、手というか指を上手に動かして、小さいものもうまく掴めるように
なったという発達が見られた。そのため、さらに目が離せなくなり、妻はクタクタ
で、私もクタクタである。

ある日、娘が、オー、コンコンとしていたため、口の中をよく見ていたら、
上顎に、ビニルテープが張り付いていた。どこのビニルテープかと散々
考えた挙句、段ボールに貼ってあったものであることが判明した。

なんと、段ボールからビニルテープを剥がせるまでになっていたのだ。
また、ある日、床に落ちていたホコリも上手に掴んでいた。これ以後、
床を塵ひとつない状態にするという手間が加わった。

さらに、ある日、離乳食を食べるチェアに、前日の残りがカピカピになって
いたのだが、娘がそれを食べた。何かモグモグしているなーと思ったら、次に
掴んだものが、それだったのだ。数秒目を離した間のことである。

常に床を綺麗に掃除するというのは、ズボラーにとっては大変なことである。
私も妻もズボラーなので、大変だ。この機会を脱ズボラーの良い機会だと
思って、日常の掃除を頑張ろうと思った1か月であった。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 22:20 | Comment(0) | 成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。