2014年08月30日

えっ?全然違うものを買ってきた妻

tansu.jpg
「ゆいちゃんのものが増えてきたから、収納する棚を買ってくるね〜」と妻が言った。3段カラーボックスでも買うと言って、近くのホームセンター妻が出かけた。しかし、買ってきたものはタンスだった。しかも、重量がなんと42kgもあるうえに、組立てるタンスだ。

「買ってみたら、タンスだったー」とか訳の分からない言い訳をし始めた。その割には、タンスが部屋の床や、クローゼットの色とピッタリで、妻の部屋に非常にマッチしている。確信犯に間違いない。

組立ては、簡単に見えて難しかった。上下左右が組立図を見ても一発で判らないし、ネジを締めたり、木の出っ張りを穴に差し込むのに、力が必要でやたら時間もかかった。途中で娘が泣いたりしたりして余計な時間もかかった。

お店で頼むと組立料は配達料と合わせて5000円である。したがって、標準組立時間は二人で1時間であろう。しかし、妻と二人で4時間もかかった。まぁ、二人の共同作業ということで、仲は良くなった気がする。

値段の割には、いいタンスが妻の部屋に置かれた。妻はこれで、部屋がより片付くだろうと思っているみたいだが、物は収納スペースがあれば、いっぱいになるまで増えるという法則があるため、そうはいかないと思う。

多分、収納を増やして、部屋を狭くしてマイホームを買う口実にするのだろう。買い物のペースにブレーキをかけるとともに、収納が増えないようにしないといけないと思った。マイホーム購入はできるだけ遅らせたい。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 23:00 | Comment(2) | 妻との接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

育児と仕事のどちらが大変かという不毛な議論 〜妻のストライキのもとを防ぐ〜

kenka.jpg



ちょっとは家のことをやってよね。

仕事にかまけて、家事・育児を妻に丸投げしていたら、こう言われたことはないだろうか。これに対して、「俺は仕事で疲れてるんだよ。ずっと家にいるんだから、お前がやれよ」と言ってしまったら、100倍返しに会う。

「あなたはねー。家に帰ったら休みだし、土日も休みでしょ。家事育児は365日24時間休みないのよ。こっちの方が大変なのよ。ちょっとは分担してよね」とか言われるのは間違いない。

下手をすれば、「残業、残業って、家事・育児を分担するのが嫌なだけでしょ?」とか「仕事は給料もらえて、評価されるけど、家事・育児はただなの」とか「外で羽伸ばせていいわね。」とか言われるだろう。

これに対して、「残業の大変さがわからんくせに」とか「お金をもらうプレッシャーがないだろ」とか「上司もクレームつける客もいないから楽だろ」とか言うと、「ならあなたがやってみなさいよ」とストライキにあう。明日から日の丸弁当だ。

そもそもどちらが大変か?

では、仕事と家事・育児のどちらが大変なのだろうか?平成25年の自殺原因を分析した内閣府のサイトがある。http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/whitepaper/w-2013/html/gaiyou/feature03.html#f13

これによると、子育てに悩んで自殺した人は200人弱、仕事で悩んで自殺した人は3000人弱であることが読み取れる。やはり、総合的に見れば、仕事の方が大変で疲れると言える。

だが、ブラック企業でこき使われて死にそうな労働者もいれば、ホワイトな職場でまったり仕事をしている人もいる。家事が得意な人もいれば、嫌いな人もいる。楽な子供もいれば、手のかかる子供もいる。そのため、一概には言えず、こっちが大変だという議論になる。

私と仕事のどちらが大切なの?

この質問に対する模範解答は「寂しい思いをさせてごめん」である。別に仕事が重要なのは、女性の方も重々承知である。そもそも仕事より彼女を大事にしてリストラにでも会えば、彼女とのデート代も捻出できないし、未来もない。

ただ、寂しい思いをしているということに共感してほしいものである。間違っても女性の問いかけに文字通り答えてはいけない。文字通りに答えたら、けんかが始まり、イチャイチャできなくなるだけである。

不毛な議論はパスしよう

実は、仕事と家事・育児のどちらが大変なの?という問いもこれと同じである。つまり模範解答は「一人で大変な思いをさせてごめん」なのである。とはいえ、そう回答しただけでは、仕事でクタクタになった上に、家事・育児を負担させられるかもしれない。

下手すると、本当に過労死してしまうかもしれない。そこで、「じゃあ家事・育児を分担できるように早く仕事を切り上げるよ。でもそれでリストラしたときには君もバリバリ働いてくれるよね?」と言ってみよう。ハリウッド俳優並の真剣かつ深刻そうな表情で。

結論としては、女性に禅問答のような質問をされたら、気持ちを察し、共感を言葉で示すことが大切である。その上で、ちょっとしたことでいいので、家事・育児を負担するという姿勢を示す必要がある。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 23:44 | Comment(0) | 妻との接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。