2015年07月07日

ちょうだいを理解するようになった 〜はい、どーぞ〜

娘が11か月の中ごろになったとき、ちょうだいという言葉に反応して
持っているものをくれるようになった。リモコンとかスマホとか普通の
おもちゃよりも、大好きなものがあるのだが、それもくれる。

ということは、こちらの言うことを理解できるようになったということである。
まだまだ、話はできないが、こちらの言うことは判るようになってきたため、
変なことは言えないなぁと思う。

一般的に1歳ぐらいで、ちょうだいというとくれるようになるらしい。
そして、1歳班くらいで、自分の好きなものと、相手の好きなものが
違うことを理解して、ちょうだいと言った時の反応が変わるらしい。

どいうことかというと、クッキーと野菜があり、野菜を嬉しそうに食べて
クッキーをまずそうに食べたとき、1歳くらいの子は自分が好きなクッキーを
くれるが、1歳半になると相手の好きそうな野菜をくれるらしい。

現在、順調に発達しているため、これからもこの調子で成長してほしい。
しかし、ご飯を食べさせているときに、ぐちゃぐちゃの手で掴んだ食べ物を
あげると言って、差し出してくるのはやめて欲しい。

やはり、今のところは、あげれば何でも喜んで受け取ってもらえると思っているようだ。
こちらが、手づかみしたぐちゃぐちゃのご飯はいらないと言うのが判るようになる
のは、あと半年くらいかかるのだろう。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 21:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

初風邪 〜父はオロオロ、母はどっしり〜

先日、育児サークルに参加し始めたことを書いたが、これが娘の初風邪発熱へと
つながった。やはり、集団の中に入ると、感染症も色々と学ぶことの中に
入るのだろう。

熱が、38.5度まで上がり、少し焦ったが、次の日の夜には落ち着いてたので
一安心した。一応、小児科では3,4日くらいで治ると言われたが、1日で
治ったとは、強い方なのであろう。

熱が38.5度まで上がったといことで、私としては、どうしよう??という
感じで少しうろたえたが、妻は、落ち着いており、平気そうだった。
さすがは、看護師というところである。

熱は、1日で下がったのだが、鼻水が止まらない。1週間たった今でも
とまらない。小児科では、鼻水・咳止めということで、甘いシロップを
もらったのだが、吐きだして飲まず、意味がない感じである。

鼻水がひどいと、夜中に息苦しくて、目を覚まして大変である。
もちろん、大変なのは妻であるが、機嫌が悪く、プンプンイライラ
しているので、間接的に私も大変である。

娘は、風邪を引いてから1日経ったら元気になったが、私に移って、
すごく大変な思いをした。結局治るのに2日もかかった。
娘の中で、ウィルスが進化したに違いない。

こどもが小さいうちは、風邪の連続だと思う。娘は元気だが、私に移ると
大変なので、マスクを用意して、うがい、手洗いを徹底しようと思った。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 22:27 | Comment(0) | 成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。