2015年02月22日

この世の終わりがごとく泣き叫ぶ 〜周囲の認識してる。〜

私は、普段、定時退社風のごとくという感じである。
しかし、先週はは、2年に一度の超重要な監査があるため、残業続きの週だった。
そのため、私の帰りがちょっと遅くなり、娘が寝る時間に妻が風呂に入ることになった。

それで、妻が風呂に入っている間に、娘を寝かそうとしたのだが、
妻の姿が見えなくなって1,2分経ったとき、「フギャー」と娘が泣き始めた。
その声は、今までのどんな泣き声よりも大きかった。

まるで、この世の終わりが来たという感じであった。
抱っこしても「フギャーフギャー」と最大音量で泣き続けた。
ユサユサしても普段は泣き止むにも関わらず、まったく泣き止む気配はなかった。

結局、15分くらい泣いたら、疲れたのか、泣き止んで眠りに落ちた。
このことは、父親と母親の区別が完全にできていることの証拠である。
順調に成長しているということで、喜ばしいことであるが、正直、寂しい。

普段、母親と過ごす時間の方が圧倒的に長いため、当然と言えば当然だが、
やはり、少し寂しい感じがする。このことを、職場で母親の立場にある同僚に
話したら、「もう少ししたら、パパーってなる日が来るよ」と慰めの言葉をもらった。

今のところ、ミルクを飲むにしても、昼寝をするにしても、ママーという感じである。
唯一、風呂に関しては、最初から私がほぼ毎日入れていることもあり、ママーとは
ならない。寝る前の歯磨きも同様だ。やはり、時間がものをいうのだろう。

これからもできるだけ、娘との時間を確保しようと思った。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 21:41 | Comment(0) | 成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

ハイハイ間近 〜手が動かせないもどかしさ〜

以前の記事で、娘が寝返りした!と書いたが、
あれから、3週間が経ち、ハイハイ間近という感じになっている。
最初は、手で体を支えて頭を上げるだけだった。

ついで、お腹を浮かせることができるようになった。
この間、足に力が入りすぎたのか、爪が剥がれて
血が出ていたということがあったので、注意が必要である。

一応、床の上にマットを引いているが、弾力性があるために、
爪が引っかかったのだと思われる。爪割れ防止のため、
靴下が必須である。

お腹が浮かせられるまでに、2週間くらいかかった。
それから1週間、今では、お腹を浮かせてプルプル震えている。
中々、前進ができないでいる。きっと手が出ないのであろう。

手を出して、前に進むためには、一時的に片手で、体を支えないといけない。
まだ、片手で支えるだけの筋力がないのか、それとも、自信がないのか。
両手で踏ん張って、うーうーとうなっている。

まぁ、ここまでくれば、ハイハイするのも時間の問題と思う。
多分、1週間くらいであろう。そうなれば、お座りもしっかりと
できるであろう。来週の6か月検診に間に合えばいいなと思う。

首座り→寝返り→ハイハイ→お座り とここまでの発達具合は
順調そうである。やはり、親としては一安心である。




↑ランキングに参加していますので、この記事が面白いと思った方はクリックしてください。
posted by 幸司 at 21:50 | Comment(0) | 成長記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。